女性のひげ・産毛の自己処理方法。

女性,ひげ,処理

女性の気になるひげや産毛について、ご自身で処理する方もいらっしゃると思いますがそれぞれにメリット・デメリットがあります。

 

剃る。

カミソリや電動シェーバーなどで剃って処理しているかたも多いかと思います。
ひげが薄くてさほど強くカミソリをあてなくても剃れる程度なら肌の傷みも少なく気にならなく処理できるでしょう。
ただし剃ることで処理すると、毛の断面が表皮に残るのである程度太い毛が生えている濃い方には逆に目立つことがあります。
剃ることで太くなるというのは迷信ですが、そると断面が目につくので太く見えるということは実際あります。
また、刃物で剃る際にはどうしても肌を傷つけます。
肌荒れ、肌トラブルの原因になることもあるので敏感肌だったり肌が弱い方にはおすすめできません。
剃ることで自己処理するのであれば、コツとしては蒸しタオルで温めた状態で保湿しながら肌をなるべくいためないように処理すると剃りやすく肌のイタミも軽減されます。
また、女性電動シェーバーは刃が肌にあたらないようなものもあるので、お肌の状態にあわせて気をつけてお手入れしましょう。
メリットとデメリット

 

 

抜く。

毛抜きやピンセットを使って抜いて自己処理する方法です。
これは抜くというか、引っ張ってひっこ抜くような状態となり、非常に肌に負担がかかります。
ぷつぷつと跡が残ってしまうことがありますし、肌荒れの元になります。
肌への負担は相当なものです。あまりおすすめできません。
また抜いて処理したり剃ると「埋もれ毛」「埋没毛」といわれる皮膚の中で毛が伸びて外側に出てこずに皮膚が再生して肌が黒ずんで見える状態が起きることがあります。
また、毛嚢炎( もうのうえん )といわれる、抜いた毛穴にばい菌が入って、はれてしまってニキビみたいな状態になることもあります。
抜いた跡が色素沈着して黒ずみとして残ることもあり、抜くことで処理するのはお肌トラブルの原因となることが多くおすすめできません。
抜くことでもとの毛より濃くなってしまうという説があります。
これは強再生という現象で抜いたことで毛根の根本の血管が太く再生して、以前より太い毛が生えてくるという説があります。
メリットとデメリット詳細

 

 

サロンなどで脱毛する。

美容脱毛は脱毛エステ・サロンも多くかなり身近な存在になりつつあります。
多くの店舗が営業していますし、お値段もかなり安くなってきています。
美容脱毛でも、人それぞれですが、毛が生えてこなくなることが多いようですので、費用や時間に余裕が有る方にはいい方法といえます。
しかしながら、やはり費用は剃ったり抜いたりといった家での処理に比べて高くかかりますし、美容脱毛ですといっぺんにすぐなくなるわけではありません。
ある程度期間をかけてエステ予約をいれて通って施術していくのでつるつるになるまでは時間がかかります。

 

 

 

そこで、一番オススメできるのが除毛クリームなのです。
除毛クリームも多く出ています。
単純に腕の毛やすね毛などの処理ではなく、お顔のひげ、産毛の処理ですので、肌への影響も非常に気になるところです。
顔用除毛・スキンケアクリームも近年あるようですが、ノイスほど口コミ・評判が良く価格も良心的な製品は初めてです。
ですから、女性のひげ・産毛に特化した「ノイス」はお肌へのやさしいケアと除毛・抑毛力でとてもオススメなのです。



ノイス 女性 ひげ ノイス 女性 ひげ