女性ひげ剃る処理方法のメリットとデメリット

女性のひげの処理は剃ることで処理する方が圧倒的に多いです。
ひげや毛が薄い方はそれで十分ともいえます。

 

しかしひげやうぶ毛が濃い方にとっては剃る方法は大きなデメリットもあります。

 

女性、ひげを剃る方法

安全カミソリや電動シェーバーなどを利用して剃る処理方法があります。
男性はほぼ全員がその方法でひげを処理していますし、女性もかなり多くの方が剃ることで顔の毛のケアしています。
ひげやうぶ毛が薄い場合は気になったときに剃る方法で特に問題はないでしょう。

 

女性用の安全カミソリや、女性向け電動シェーバーも多くの種類が販売されています。
特に女性向け電動シェーバーは刃が直接肌に当たらないようにできていてお値段も安価なものが販売されていて、
体毛がうすくてひげ・うぶ毛がさほどきにならない方が時々処理するには便利です。

 


 

 

ただし、ひげ、うぶ毛が濃くて、カミソリを強くあてなければきれいに剃れずに気になる、というほどの方でしたら剃る方法はおすすめできません。

 

女性がひげを剃るメリット

かんたん、安価、すぐ処理できる

 

女性がひげを剃るデメリット

カミソリを肌にあてるので肌を傷めます。
カミソリ負けの状態になると赤みやキズがでますし炎症を起こすこともあります。
見える部分となるのでおすすめできません。
また、剃る方法は皮膚を傷つけるため、埋れ毛、埋没毛とい症状の原因となる場合があります。
埋れ毛、埋没毛はひげが外側にでてこずに皮膚のなかで成長してしまう状態で、外側からみると黒ずんでみえます。
ムリに抜こうとすると皮膚を傷つけてしまうため厄介です。

 

さらに、「剃ると濃くなる」ということがいわれることがあります。
実は剃るとひげが濃くなるのは迷信ですが、実際のところ濃くはならなくても剃ると自然な毛先ではなく断面となるの見た目が濃くみえるのは事実です。

 

ひげ、うぶ毛が濃い方は剃る処理方法はおすすめできません。
ノイスのような抑毛クリームの利用をおすすめします。


ノイス 女性 ひげ ノイス 女性 ひげ